景気の波に左右されにくく、安定した仕事が得られるというイメージから、医療業界で働いてみたいと考えている人は多いです。
しかしながら、医療業界といってもその職種は多岐にわたりその年収も様々です。
今回は、国家資格である薬剤師に注目してみましょう。

薬剤師が活躍する範囲はとても広く、医療現場では病院や調剤薬局で働く人が多いです。
医師の処方箋をもとに薬剤を調剤し、患者に服薬指導を行うのが主な仕事内容です。
他の病院で飲んでいる薬があればその飲み合わせをチェックしたり、処方箋に書かれた内容に疑問があれば処方医に確認したりすることも重要な仕事です。
患者が安心して薬を飲めるように、薬剤師のチェックはとても重要です。
また、収入の面では国が出している人事院統計表によれば、薬剤師の年収は590万円とされています。
これは薬剤師全体の平均年収であり職場別にみてみると、製薬企業で約650万円、病院で約575万円、調剤薬局で約550万円となっています。
このようにしてみると調剤薬局は給与が少ないというイメージがありますが、転職サイトなどを活用すればより高収入の求人案件を紹介してくれるケースもあります。
また調剤薬局の管理薬剤師や病院の薬局長のように、職位が上がることによって更なる高収入を得ることは十分可能です。
更には地方など慢性的に薬剤師が不足している職場で働けば給与が高くなる傾向があります。
このように薬剤師になると高収入を狙える方法がいくつかあるのです。