医師や薬剤師、看護師などの専門職が大きな割合を占める医療業界は、他の業界と比較して年収が格段に高いことで知られています。
特に医師は最も重要で、責任を負う立場として患者に対して大きな決断を下し、人の命を左右する仕事です。
そのため、その収入が非常に高いというイメージがあり、世間でもよく話題となっていますが、新卒に限って言えば、国家資格を必須とする専門職以外でも、医療機器・薬品を製造・開発する国内大手メーカーなどに勤務している人も高い収入を得ているという結果が出ていることを知っているでしょうか。

例えば、ある年の新卒初任給ランキングでは、とある医療メーカーが上位に入り、その他にも様々な調剤薬局が多数ランクインしています。
近年加速する高齢化による需要の高まりや、求められる医療サービスの充実と進歩、海外を含める市場の拡大などで、医療業界全体は業績を伸ばしているため、新卒でありながら年収1000万円近い人を生み出しているケースもあるのです。
ただこれには一つ留意しておくべき要素もあります。
どれだけ社会全体が医療の必要性を感じていたとしても、医療機器・薬品メーカーの直接の顧客は大学病院や国立病院などの大きな病院から、民間の病院、そして個人経営のクリニックが主です。
そのため、これらの経営状況が好調でなければ当然しわ寄せがきますし、同業者同士の競争の激しさというリスクを抱えていることもまた事実なのです。